スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺体遺棄は早朝か、通行車両捜査に重点 島根女子大生遺棄(産経新聞)

 広島県北広島町の臥龍山で島根県立大1年の平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体の一部が見つかった事件で、聞き込みや現場の状況から、遺体は早朝に車で遺棄された可能性が高いとみられることが26日、島根、広島両県警の合同捜査本部への取材で分かった。捜査本部は、平岡さんが行方不明になった10月26日から頭部が見つかった11月6日までの未明から朝方の通行車両の捜査に力を入れている。平岡さんが行方不明になってから26日で2カ月が経過。捜査本部は年末年始を返上し捜査に臨む方針だ。

 捜査関係者によると、遺棄現場になった山頂付近は現在は30センチ前後の積雪で覆われている。犯行があった秋の日中は人や車の通行も少なくないが、不審車両などの有力な目撃情報は浮上していないという。一方、夜間は車で山頂付近にたどり着くのも難しいうえ、胴体などが見つかった場所付近は足場も悪く、ヘッドライトなどをつけても歩行も困難な場所だという。

 こうしたことから、捜査本部は遺体が遺棄されたのは見通しのきかない夜間ではなく、夜明け後との見方を強め、10月26日~11月6日の未明から朝方に犯人が現場付近を車で行き来した可能性が高いと判断。現場付近から、浜田市内を結ぶ国道186号にあるNシステム(走行車両記録装置)などの解析を進めている。

 紅葉を見るため、11月4日早朝に現場付近に家族で訪れた浜田市の自営業の男性(47)も12月中旬、捜査員に事情を聴かれたといい「車の外だけなく中の写真も撮られました。いい気はしませんが、早く犯人が捕まってほしいと願うばかりです」と話していた。

 一方、捜査本部は、島根県立大の学生寮近くで11月30日に見つかり、平岡さんのものとほぼ断定された靴を詳細に調べるため、より微量の検体でもDNA鑑定できる警察庁科学警察研究所に鑑定を依頼。遺体周辺から見つかった袋片についても電話帳配布用に無料提供された袋の可能性があるとして特定を急いでいる。

                  ◇

 情報提供は24時間受付の専用電話フリーダイアル(0120・385・301)へ。

【関連:島根女子大生遺棄事件】
遺体付着の袋に電話会社のマーク
遺体の一部から油分 付着レジ袋?片に印刷も
靴は平岡さんのものとほぼ断定
平岡さんが参加予定だった会議で黙祷 神戸
スニーカーは犯人からのメッセージ?

毎日の記録
お花畑ニュース
クレジットカード現金化
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。