スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛省キャリア技官採用試験、出題ミス3問(読売新聞)

 防衛省は14日、キャリア技官を採用する今年度の職員採用1種試験の1次試験(今月9日)で、計3問の出題ミスがあったと発表した。

 「化学」と「機械」の2コースの共通問題のうち、積分などの計3問で、選択肢の中に正解がなかった。

 計117人が受験したが、同省は、来月の合格発表の際、不平等が生じないような措置を講じるとしている。職員がネット上の掲示板で出題ミスを指摘する書き込みを発見したという。

<もんじゅ>また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)
中小企業憲章の原案公表=経産省(時事通信)
公務員の労働基本権 ILOで回復表明へ 仙谷担当相(産経新聞)
「国民ID」13年までに導入、20年には医療・介護のIT基盤を確立(医療介護CBニュース)
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴(産経新聞)

補助金などの未精算、約2千件-厚労省発表(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月27日、2002年度から08年度に、所管する法人などに概算払いで交付した補助金などのうち、未精算のケースが計1930件(20日現在)あったと発表した。会計検査院からの改善処置要求を受け、同省が緊急に自主点検した。

 補助金については、概算払いで交付された事業者が事業実施後に「事業実績報告書」を同省に提出。同省で報告書の審査を行い、交付額を確定することになる。その後、同省は交付額が確定した旨を事業者に通知し、余剰金があれば事業者から返還してもらう。

 点検結果によると、精算の前提となる交付額の確定が完了していない件数は、交付年度別に02年度38件、03年度50件、04年度66件、05年度148件、06年度229件、07年度449件、08年度950件の計1930件。
 このうち、「厚生労働科学研究費補助金」が1427件と圧倒的に多い。このほか、「感染症予防事業費等国庫負担(補助)金」173件、「国民健康保険組合特別対策費等補助金」165件など。

 調査結果を受け、同省は今後の改善策として、▽各局や会計課による進ちょく管理の徹底▽ADAMS(官庁会計システム)の概算払いに係るデータとの突き合わせなどによって、補助金などの額の確定手続きの進ちょく状況を網羅的に把握・管理する体制の整備―などを行い、再発防止に努めるとしている。

 長妻昭厚労相は同日の閣議後の記者会見で、「これは職務の怠慢といわれても仕方のないこと。今後、こういうことがないようにきちっと対応をしていきたい」と述べた。また、6月に額を確定させ、夏ごろまでに余剰金を返還してもらう考えを示した。返還額は推計で総額3億-5億円に上るという。さらに、どのような事情で未精算が発生したのかを詳細に調査するとした上で、「職員の処分についても、原因が確定すれば一つの検討課題になると考えている」と述べた。


【関連記事】
国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾
漢方・鍼灸のエビデンス確立などを提言-厚労省研究班
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題
新生児医への手当を補助-厚労省
国保組合への国庫補助、初の実態調査結果を公表―厚労省

川崎汽船のタンカーが海賊に襲われインド洋沖で被弾(産経新聞)
雑記帳 元西鉄ライオンズの稲尾和久さんモデルに博多人形(毎日新聞)
<犯罪被害者支援>施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で(毎日新聞)
ボディスキャナーのプレゼンテーション、国内からの参加は1社(レスポンス)
帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」(読売新聞)

<小林市長選>元副市長の肥後氏が初当選 宮崎(毎日新聞)

 小林市長(宮崎県)元副市長の肥後正弘氏(64)が初当選。元参院議員の小斉平敏文氏(60)▽元建設会社社長の鮫島憲明氏(60)を破る。投票率は66.59%。

 確定得票数は次の通り。

当13207 肥後 正弘=無新<1>

  8662 小斉平敏文=無新

  4509 鮫島 憲明=無新

小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
バイクで500万円入りバッグひったくり 東大阪(産経新聞)
<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
09年の救急出動、前年比2万5千件増(医療介護CBニュース)

最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)

 岩手、秋田両県を結ぶ八幡平アスピーテライン(全長17・6キロ)と、分岐する八幡平樹海ラインの藤七温泉まで(2・1キロ)が16日、約5か月ぶりに両県同時に開通した。1970年の完成以来、最も早い全通。

 道路を管理する県岩手土木センターによると、雪の壁は平均で約4~5メートル、山頂に近い見返り峠付近で最大7・5メートルと例年並み。14日の吹雪では2メートル積もった場所もあったが、再び除雪して開通に間に合わせた。

 今年は桜の季節に間に合わせ、「桜と雪の回廊」として春の観光振興を図ろうと、開通を例年より早めた。

 両ラインは、積雪や路面凍結の恐れがあるため、5月下旬頃までは、午後5時から翌朝8時半まで通行止めとなる。樹海ラインの全線開通は28日の予定。

<村本さん銃撃>死因は銃弾による失血 警視庁発表(毎日新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」-普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
仕分け第2弾で制度改革へ=蓮舫氏、外国特派員協会で会見(時事通信)
<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕(産経新聞)

<諫早湾干拓事業>検討委「4月末ごろ方向性」 現地視察へ(毎日新聞)

 国営諫早湾干拓事業(諫干)を巡り、政府・与党の考え方をまとめる検討委(座長・郡司彰副農相)は11日夜、長崎県諫早市内のホテルで6回目の会合を開いた。会合後、郡司座長は取材に対し、諫干開門調査を実施するかどうかの方向性を出す時期について「4月末ごろを目指す」と語った。検討委メンバーは12日に諫干の現地視察をする。

 赤松広隆農相は3月9日に、検討委の取りまとめが夏の参院選後にずれ込む可能性を示唆。しかし、今月9日には「(夏の)参院選前には(方向性を)出したい。現地では選挙の争点になる」と語っていた。

 これを受けて、郡司座長は「(検討委発足の)当初は1、2カ月がめどだった。したがって4月の連休前が可能かどうか、大臣の意向を受けて精力的にやっていきたい」と語った。【柳瀬成一郎】

明石歩道橋事故 聴取を元副署長に要請 検察官役弁護士、全面可視化で(産経新聞)
乗務員の英語力に基準、スカイマークが設定(読売新聞)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
<掘り出しニュース>美濃焼「志野」の釉薬、鉱山見つかる(毎日新聞)
<文化財保護法違反>30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。